忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

無料解説音声「高村光太郎と智恵子」

全10回の無料解説音声です。高村光太郎と智恵子の歩みを詩の朗読をまじえて解説します。

●メールアドレスを入力して「確定」を押してください。
●携帯電話のメールアドレスにはとどきません。パソコンのみの対応です。
●メールマガジンの読者サービスとして無料公開するものです。後日メールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」をお送りさせていただきます。すべて無料でいつでもこちらから解除できます。
●当メール講座とメルマガ配信以外にメールアドレスを使うことはありません。第三者に開示することはありません。





高村光太郎『落ち葉を浴びて立つ』朗読mp3
無料解説音声「高村光太郎と智恵子」

全10回の無料解説音声です。高村光太郎と智恵子の歩みを詩の朗読をまじえて解説します。

●メールアドレスを入力して「確定」を押してください。
●携帯電話のメールアドレスにはとどきません。パソコンのみの対応です。
●メールマガジンの読者サービスとして無料公開するものです。後日メールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」をお送りさせていただきます。すべて無料でいつでもこちらから解除できます。
●当メール講座とメルマガ配信以外にメールアドレスを使うことはありません。第三者に開示することはありません。





どこかで伽羅のくゆっているやうな日本の秋の
なまめかしくも清浄な一天晴れたお日和さまよ。

鳥かげさへ縦横にあたたかい十一月の消息をちらつかせ、
思ひがけない大きなドンといっしょに、
一斉に叫をあげる遠い田舎の工場の汽笛が
ひとしきり
空に無邪気な喜の輪をえがいている。

そんな時です、私が
無用の者入るべからずの立札に止まっている赤蜻蛉に挨拶しながら、
三千坪の廃園の桜林にもぐり込んで、
黙って落葉を浴びて立つのは。

ああ、有り余る事のよさよ、ありがたさよ、尊さよ、
この天然の無駄づかひのうれしさよ、
ざくざくと積もって落ち散る錆びた桜のもみぢ葉よ。

惜しげもない粗相らしいお前の姿にせめて私を酔はせてくれ、
勿体らしい、いぢいぢした世界には住みきれない私である、

せめてお前に身をまかせて、
くゆり立つ秋の日向ぼっこに、
世もぶちまけた、投げ出した、有り放題な、ふんだんの美に
身も魂もねむくなるまで浸させてくれ。

手ざはり荒い不器用な太い幹が
いつの間にかすんなり腕をのばして、
俵屋好みのゆるい曲線に千万の枝を咲かせ
微妙な網を天井にかけ渡す、
桜林の昼のテムポは、
うらうらとして移るともないが、

暗く又あかるい梢から絶間もなく、
小さな手を離しては、
ぱらぱらと落ち来る金の葉や瑪瑙(めのう)の葉。
どんな刷毛で描いた密画(ミニアチュール)の葉も、
天然の心ゆたかな不雑作さに、
散るよ、落ちるよ、雨と降るよ、
林いちめん、
ざくざくとつもるよ。

その中を私は林の魑魅となり、魍魎となり
浅瀬をわたる心にさざなみ立てて歩きまはり
若木をゆさぶり、ながながとねそべり、
又立って老木のぬくもりある肌に寄りかかる。

--棄ててかへり見ぬはよきかな、
あふれてとどめあへぬはよろしきかな、
程を破りて流れ満つるはたふときかな、
さあらぬ陰に埋もれて天然の素中に入るはたのしきかな--

落ち葉よ、落ち葉よ、落ち葉よ、
私の心に時(いみ)じくも降りつもる数かぎりない金いろの落葉よ、
散れよ、落ちよ、雨と降れよ、
魂の森林にあつく敷かれ、
ふくよかに積みくさり、 やがてしっとりやはらかい腐葉土となって私の心をあたためてくれ。

光明は天から来る、
お前は楽しく土にかへるか。
今は小さい、育ちののろいこの森林が、
世にきらびやかな花園のいくたびか荒れ果てる頃、
鬱蒼としげる蔭となって鳥を宿し、獣を宿し、人を宿し、
オゾンに満ちたきよらかに荒い空気の源となり、
流れてやまぬ生きた泉の母胎となるまで。

林の果の枯草なびく原を超えて、
割りに大きく人並らしい顔をしている吾家の屋根が まっさおな空を照りかへし、
人なつこい目くばせに、
ぴかりと光って私を呼んでいるが、

ああ、私はまだかへれない。
前も、うしろも、上も、下も、
こんな落葉のもてなしではないか、
日の微笑ではないか、
実に日本の秋ではないか。

私はもう少しこの深い天然のふところに落ち込んで、
雀をまねるあの百舌のおしゃべりを聞きながら、
心に豊穣な麻酔を取らう、
有りあまるものの美に埋もれよう。


惜しみない自然への賛辞です。
ムワッッと腐葉土の香りが漂ってくるような、エネルギーに満ちた感じです。
思いっきり声を出して、スカッとしました。

PR
無料解説音声「高村光太郎と智恵子」

全10回の無料解説音声です。高村光太郎と智恵子の歩みを詩の朗読をまじえて解説します。

●メールアドレスを入力して「確定」を押してください。
●携帯電話のメールアドレスにはとどきません。パソコンのみの対応です。
●すべて無料で、不要な場合はいつでも配信停止できます。当メール講座配信以外にメールアドレスを使うことはありません。第三者に開示することはありません。





忍者ブログ [PR]
Copyright(C) 高村光太郎 朗読 All Rights Reserved
QLOOKアクセス解析