忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

無料解説音声「高村光太郎と智恵子」

全10回の無料解説音声です。高村光太郎と智恵子の歩みを詩の朗読をまじえて解説します。

●メールアドレスを入力して「確定」を押してください。
●携帯電話のメールアドレスにはとどきません。パソコンのみの対応です。
●メールマガジンの読者サービスとして無料公開するものです。後日メールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」をお送りさせていただきます。すべて無料でいつでもこちらから解除できます。
●当メール講座とメルマガ配信以外にメールアドレスを使うことはありません。第三者に開示することはありません。





高村光太郎『無口な船長』朗読mp3
無料解説音声「高村光太郎と智恵子」

全10回の無料解説音声です。高村光太郎と智恵子の歩みを詩の朗読をまじえて解説します。

●メールアドレスを入力して「確定」を押してください。
●携帯電話のメールアドレスにはとどきません。パソコンのみの対応です。
●メールマガジンの読者サービスとして無料公開するものです。後日メールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」をお送りさせていただきます。すべて無料でいつでもこちらから解除できます。
●当メール講座とメルマガ配信以外にメールアドレスを使うことはありません。第三者に開示することはありません。





またひとまはり、
南十字の向こうの方をやつて来るよ。

それはね、
風といふ奴は吹くとなれやぼんぼん吹くさ。

こはかあないよ。
怖いほどあのまあるい世界は人情ぽくないよ。

だからいい、
人間が何ぢやろとわめく魚が居るしな。

そんな馬鹿があるか、
不思議の深秘のといふ膳立はまだ食はん。

ありのまんま、
そいつが押してくるんだ。又押してゆくんだ。

おれの顔か、
寂しくて楽しくてその又上に何だかあるが。
冬だな、
海岸通の屋根から烟が出て人がちらちらして山がまつしろで。

うむ又逢はう、
おいおい、この煙草を持つてゆけよ。


高村光太郎の詩には対話形式がものが結構ありますが、これはあえて 一方の台詞を省略し、「無口な船長」の言葉だけで綴った詩です。

主人公のどんな問いに対して船長はこう答えたのか?そこに想像する 余地を残しているのでしょう。

例えば第四連など、「船長は毎日海の上で寂しくないっスカ?」とでも 聞いたのか。

距離を探りながら、最初は遠慮しつつ一言二言交わす、 そしてじょじょに深いところにつっこんでいく、その会話の流れ、 人と人が仲良くなるプロセスが見事に描かれています。大好きな詩です。

舞台や状況は詳しく示されてませんが、一緒に船に乗って 潮風に吹かれながら、釣り糸でも垂れてるでしょうか。

最後の「この煙草を持ってゆけよ」、実に微笑ましいです。

PR
無料解説音声「高村光太郎と智恵子」

全10回の無料解説音声です。高村光太郎と智恵子の歩みを詩の朗読をまじえて解説します。

●メールアドレスを入力して「確定」を押してください。
●携帯電話のメールアドレスにはとどきません。パソコンのみの対応です。
●すべて無料で、不要な場合はいつでも配信停止できます。当メール講座配信以外にメールアドレスを使うことはありません。第三者に開示することはありません。





忍者ブログ [PR]
Copyright(C) 高村光太郎 朗読 All Rights Reserved
QLOOKアクセス解析