忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

無料解説音声「高村光太郎と智恵子」

全10回の無料解説音声です。高村光太郎と智恵子の歩みを詩の朗読をまじえて解説します。

●メールアドレスを入力して「確定」を押してください。
●携帯電話のメールアドレスにはとどきません。パソコンのみの対応です。
●メールマガジンの読者サービスとして無料公開するものです。後日メールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」をお送りさせていただきます。すべて無料でいつでもこちらから解除できます。
●当メール講座とメルマガ配信以外にメールアドレスを使うことはありません。第三者に開示することはありません。





高村光太郎『湯ぶねに一ぱい』朗読mp3 ドコモ・Sバンク→12
無料解説音声「高村光太郎と智恵子」

全10回の無料解説音声です。高村光太郎と智恵子の歩みを詩の朗読をまじえて解説します。

●メールアドレスを入力して「確定」を押してください。
●携帯電話のメールアドレスにはとどきません。パソコンのみの対応です。
●メールマガジンの読者サービスとして無料公開するものです。後日メールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」をお送りさせていただきます。すべて無料でいつでもこちらから解除できます。
●当メール講座とメルマガ配信以外にメールアドレスを使うことはありません。第三者に開示することはありません。





ざあつとひとしきり溢れさわいで
湯ぶねに一ぱい
湯は
しづかに満ちこぼれてゐる
爪さきからそろそろと私がはいれば
またともの湯ぶねに一ぱい--
かすかに湧き出る地中の湯は
肩をこえて
なめらかに岩角から流れ落ちる
湧いてはながれ
湧いてはながれ
しづまり返つた山間の午後
私は止め度もなく湧いて流れる
温泉に身をとろかして
心のこゑをきく
止め度なく湧いてくるのは地中の泉か
こころのひびきか
平明にして奥深いもの
人知れず常にこんこんと湧き出るもの
ああ湧き出るもの
声なくして湧き出るもの
止め度なく湧き出るもの
すべての人人をひたして
すべての人人を再び新鮮ならしめるもの
しづかに、しづかに
満ちこぼれ
流れ落ちるもの
まことの力にあふれるもの


高村光太郎はよほど温泉が好きだったようです。「海はまろく」など温泉の詩がいくつも あります。単に温泉に入って気分いいやということでなく、 地中の泉、心のひびきと、深いメッセージを読み取っています。

人はたまには温泉に入らないといけないのです。東京ではついに銭湯が 450円となりました。山奥の温泉なら 200円くらいではるかにすがすがしい気分に浸れるでしょう。

PR
無料解説音声「高村光太郎と智恵子」

全10回の無料解説音声です。高村光太郎と智恵子の歩みを詩の朗読をまじえて解説します。

●メールアドレスを入力して「確定」を押してください。
●携帯電話のメールアドレスにはとどきません。パソコンのみの対応です。
●すべて無料で、不要な場合はいつでも配信停止できます。当メール講座配信以外にメールアドレスを使うことはありません。第三者に開示することはありません。





忍者ブログ [PR]
Copyright(C) 高村光太郎 朗読 All Rights Reserved
QLOOKアクセス解析