忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

無料解説音声「高村光太郎と智恵子」

全10回の無料解説音声です。高村光太郎と智恵子の歩みを詩の朗読をまじえて解説します。

●メールアドレスを入力して「確定」を押してください。
●携帯電話のメールアドレスにはとどきません。パソコンのみの対応です。
●メールマガジンの読者サービスとして無料公開するものです。後日メールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」をお送りさせていただきます。すべて無料でいつでもこちらから解除できます。
●当メール講座とメルマガ配信以外にメールアドレスを使うことはありません。第三者に開示することはありません。





高村光太郎『旅にやんで』朗読mp3

芭蕉はねながらさう思った
俳諧は天地の間に正しく立った
この道は人をあやまるまい
天然のおきては人を偽るまい

無料解説音声「高村光太郎と智恵子」

全10回の無料解説音声です。高村光太郎と智恵子の歩みを詩の朗読をまじえて解説します。

●メールアドレスを入力して「確定」を押してください。
●携帯電話のメールアドレスにはとどきません。パソコンのみの対応です。
●メールマガジンの読者サービスとして無料公開するものです。後日メールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」をお送りさせていただきます。すべて無料でいつでもこちらから解除できます。
●当メール講座とメルマガ配信以外にメールアドレスを使うことはありません。第三者に開示することはありません。





ただひとつ思ふのは
いつでもあの自然のふところに
何処か知らぬがまだ眼のさめぬものがある。
何処かまるで違った甲どころに
このてにをはを押し流す深さが隠れている。
見果てぬ時のかなたよりわしを呼ぶは何物ぞや。
旅ににやんで夢は枯野をかけ廻る。
わしはもう一歩出よう。


高村光太郎は、彫刻によって立とうとする自分を、俳諧によって立とうとする芭蕉の姿に重ねて いるのでしょうか。何度目かの録音です。

自然の力を信じて進んでいくという「道程」に通じるテーマを感じます。
「旅にやんで夢は枯野をかけ廻る」は、芭蕉の句でも特に好きです。 「やんで」の「で」で声が歪みやすかったです。

外にはワクワクする風景が広がっているのに、布団の中に伏せっていないと いけない、そのいたたまれない気持ちがにじみ出ています。

PR
無料解説音声「高村光太郎と智恵子」

全10回の無料解説音声です。高村光太郎と智恵子の歩みを詩の朗読をまじえて解説します。

●メールアドレスを入力して「確定」を押してください。
●携帯電話のメールアドレスにはとどきません。パソコンのみの対応です。
●すべて無料で、不要な場合はいつでも配信停止できます。当メール講座配信以外にメールアドレスを使うことはありません。第三者に開示することはありません。





忍者ブログ [PR]
Copyright(C) 高村光太郎 朗読 All Rights Reserved
QLOOKアクセス解析