忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

無料解説音声「高村光太郎と智恵子」

全10回の無料解説音声です。高村光太郎と智恵子の歩みを詩の朗読をまじえて解説します。

●メールアドレスを入力して「確定」を押してください。
●携帯電話のメールアドレスにはとどきません。パソコンのみの対応です。
●メールマガジンの読者サービスとして無料公開するものです。後日メールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」をお送りさせていただきます。すべて無料でいつでもこちらから解除できます。
●当メール講座とメルマガ配信以外にメールアドレスを使うことはありません。第三者に開示することはありません。





高村光太郎『怒』朗読mp3
無料解説音声「高村光太郎と智恵子」

全10回の無料解説音声です。高村光太郎と智恵子の歩みを詩の朗読をまじえて解説します。

●メールアドレスを入力して「確定」を押してください。
●携帯電話のメールアドレスにはとどきません。パソコンのみの対応です。
●メールマガジンの読者サービスとして無料公開するものです。後日メールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」をお送りさせていただきます。すべて無料でいつでもこちらから解除できます。
●当メール講座とメルマガ配信以外にメールアドレスを使うことはありません。第三者に開示することはありません。





怒とは何。
怒とは存在の調革。
人そのものに何の怒。
因果の狂ひ、人間の非力に腹が立つ。
非力の者のけなげさを誰が知る。
被ひかぶさる理不尽の力に腹が立つのだ。
腹が立つのを恐れない。
怒は無明のうらうへ。
力の変圧。
雲の密集に孕む熱雷。
怒は人間を浄める。
怒は人類の向きを匡す。
腹が立つのを恐れない。


高村光太郎はこういう、主義主張みたいなものを、わりと 抽象論のまま、バーーっと言っちゃう詩が結構あります。 演説調で一気に朗読すべきと思います。

「腹が立つのを恐れない」「怒は人間を浄める」…力強い詩です。 怒りを恐れ、衝突を避け、へらーと毒にも薬にもならん卑屈な笑みを浮かべて、 そんな生き方はどうよ?という問題提起でしょうか。

高村光太郎の詩には「一生を棒に振って人生に関われ」なんて言葉もありましたが、 なにかこの「怒り」と通じるものがある気がします。

PR
無料解説音声「高村光太郎と智恵子」

全10回の無料解説音声です。高村光太郎と智恵子の歩みを詩の朗読をまじえて解説します。

●メールアドレスを入力して「確定」を押してください。
●携帯電話のメールアドレスにはとどきません。パソコンのみの対応です。
●すべて無料で、不要な場合はいつでも配信停止できます。当メール講座配信以外にメールアドレスを使うことはありません。第三者に開示することはありません。





忍者ブログ [PR]
Copyright(C) 高村光太郎 朗読 All Rights Reserved
QLOOKアクセス解析