忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

無料解説音声「高村光太郎と智恵子」

全10回の無料解説音声です。高村光太郎と智恵子の歩みを詩の朗読をまじえて解説します。

●メールアドレスを入力して「確定」を押してください。
●携帯電話のメールアドレスにはとどきません。パソコンのみの対応です。
●メールマガジンの読者サービスとして無料公開するものです。後日メールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」をお送りさせていただきます。すべて無料でいつでもこちらから解除できます。
●当メール講座とメルマガ配信以外にメールアドレスを使うことはありません。第三者に開示することはありません。





高村光太郎『上州川古「さくさん」風景』朗読mp3

ドコモ・Sバンク→12
無料解説音声「高村光太郎と智恵子」

全10回の無料解説音声です。高村光太郎と智恵子の歩みを詩の朗読をまじえて解説します。

●メールアドレスを入力して「確定」を押してください。
●携帯電話のメールアドレスにはとどきません。パソコンのみの対応です。
●メールマガジンの読者サービスとして無料公開するものです。後日メールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」をお送りさせていただきます。すべて無料でいつでもこちらから解除できます。
●当メール講座とメルマガ配信以外にメールアドレスを使うことはありません。第三者に開示することはありません。





どこもかしこも酸つぱいな
なま木の束を釜に入れて
一年三百六十五日
じわじわじわじわ乾溜するので
それでこんな山の奥の淋しい工場が
蒼ずんで、黒ずんで、又白つちやけて
君達までもそんなに水気がなくなつたのか
第一、声が出ないぢやないか
声を出すのはあの自動鉞(まさかり)だけぢやないか
高利のやうに因業なあの刃物だけぢやないか
ひつそりかんとした川古のぬるい湯ぶねに非番の親爺
--お前さんは芸人かね、浪花節だろ
--何でもいいから泊つてけよ
声がそんなにこひしいか
石炭、硫酸、木酢酸
こんな酸つぱい山の奥で
やくざな里の声がそんなにめつためつたに聞きたいか
あいにくながら今は誰でも口に蓋する里のならひだ


昭和四年、高村光太郎が上州川古(群馬県北部)へ旅行した時の体験に 基づきます。

この頃社会はしだいに言論統制の動きが強くなっていました。

都会から来た人ということで村の人たちが話を聞きたがるが、あいにく今は 人の口をふさぐ時代なのですよ…といった感じです。

PR
無料解説音声「高村光太郎と智恵子」

全10回の無料解説音声です。高村光太郎と智恵子の歩みを詩の朗読をまじえて解説します。

●メールアドレスを入力して「確定」を押してください。
●携帯電話のメールアドレスにはとどきません。パソコンのみの対応です。
●すべて無料で、不要な場合はいつでも配信停止できます。当メール講座配信以外にメールアドレスを使うことはありません。第三者に開示することはありません。





忍者ブログ [PR]
Copyright(C) 高村光太郎 朗読 All Rights Reserved
QLOOKアクセス解析