忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

無料解説音声「高村光太郎と智恵子」

全10回の無料解説音声です。高村光太郎と智恵子の歩みを詩の朗読をまじえて解説します。

●メールアドレスを入力して「確定」を押してください。
●携帯電話のメールアドレスにはとどきません。パソコンのみの対応です。
●メールマガジンの読者サービスとして無料公開するものです。後日メールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」をお送りさせていただきます。すべて無料でいつでもこちらから解除できます。
●当メール講座とメルマガ配信以外にメールアドレスを使うことはありません。第三者に開示することはありません。





高村光太郎『さういふ友』朗読mp3

ドコモ・Sバンク→12
無料解説音声「高村光太郎と智恵子」

全10回の無料解説音声です。高村光太郎と智恵子の歩みを詩の朗読をまじえて解説します。

●メールアドレスを入力して「確定」を押してください。
●携帯電話のメールアドレスにはとどきません。パソコンのみの対応です。
●メールマガジンの読者サービスとして無料公開するものです。後日メールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」をお送りさせていただきます。すべて無料でいつでもこちらから解除できます。
●当メール講座とメルマガ配信以外にメールアドレスを使うことはありません。第三者に開示することはありません。





黙つてゐても心の通じる、
いいも悪いも両手に持つ、
さういふ友を持つのはいい。
少しのびた無精ひげを見ながら、
東京湾の風の話をきいたり、
山の木魂の話をしたり、
ふところから本をだしたり、
そんな話のあひだに、一足づつ、
あの天文学がじりじり進む。
どういふ軌道が真実か、
どういふ現象がシネクワノンか、
どういう数理が精確か、
無口に燃える学問を
さういふ友は置いてゆく。
さういふ友が満ちればいい。
この世にとつて自分自身が
さういふ友であればいい。
七里けつぱい、
やくざな思いはこの頭から断罪してくれ。


(注)
シネクワノン…必要不可欠のもの。


高村光太郎の理想とする「そういう友」が語られています。また、同時にそういう友は 現実には得がたいものだから自分が自分の友にならねば、ということでしょう。

高村光太郎には他にも「友よ」など「友」をテーマにした詩が多くあります。

高村光太郎は友人には恵まれた人のようで、例えば詩人の尾崎喜八は「友」という詩の中で 光太郎と山に登った一日を回想し、その気持ちよい人柄を称えています。

PR
無料解説音声「高村光太郎と智恵子」

全10回の無料解説音声です。高村光太郎と智恵子の歩みを詩の朗読をまじえて解説します。

●メールアドレスを入力して「確定」を押してください。
●携帯電話のメールアドレスにはとどきません。パソコンのみの対応です。
●すべて無料で、不要な場合はいつでも配信停止できます。当メール講座配信以外にメールアドレスを使うことはありません。第三者に開示することはありません。





忍者ブログ [PR]
Copyright(C) 高村光太郎 朗読 All Rights Reserved
QLOOKアクセス解析