忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

無料解説音声「高村光太郎と智恵子」

全10回の無料解説音声です。高村光太郎と智恵子の歩みを詩の朗読をまじえて解説します。

●メールアドレスを入力して「確定」を押してください。
●携帯電話のメールアドレスにはとどきません。パソコンのみの対応です。
●メールマガジンの読者サービスとして無料公開するものです。後日メールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」をお送りさせていただきます。すべて無料でいつでもこちらから解除できます。
●当メール講座とメルマガ配信以外にメールアドレスを使うことはありません。第三者に開示することはありません。





高村光太郎『新緑の頃』朗読mp3
無料解説音声「高村光太郎と智恵子」

全10回の無料解説音声です。高村光太郎と智恵子の歩みを詩の朗読をまじえて解説します。

●メールアドレスを入力して「確定」を押してください。
●携帯電話のメールアドレスにはとどきません。パソコンのみの対応です。
●メールマガジンの読者サービスとして無料公開するものです。後日メールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」をお送りさせていただきます。すべて無料でいつでもこちらから解除できます。
●当メール講座とメルマガ配信以外にメールアドレスを使うことはありません。第三者に開示することはありません。





青葉若葉に野山のかげろふ時、
ああ植物は清いと思ふ。
植物はもう一度少年となり少女となり
5月6月の日本列島は隅から隅まで
濡れて出たやうな緑のお祭。
たとへば楓(かえで)の梢を見ても
うぶな、こまかな仕掛に満ちる。
小さな葉っぱは世にも丁寧に畳まれて
もっと小さな芽からぱらりと出る。
それがほどけて手をひらく。
晴れれば輝き、降ればにじみ、
人なつこく風にそよいで、
ああ植物は清いと思ふ。
さういふところへ昔ながらの燕が飛び
夜は地虫の声さへひびく。
天然は実にふるい行状で
かうもあざやかな意匠をつくる。


高村光太郎は「冬の詩人」と呼ばれ、四季の詩では冬を描いたものが圧倒的に多いですが、 このように、新緑の爽やかさもまたうたいあげているのです。「植物はもう一度少年となり少女となり」など、洒落た表現をまじえつつ、あくまで平易に、わかりやすい言葉で。

「植物は清いと思う」など、ストレートすぎて気恥ずかしいとも思うのですが、そこに 技巧を加えず、出たままの言葉をズバッとぶつける、その勢いが大好きです。

PR
無料解説音声「高村光太郎と智恵子」

全10回の無料解説音声です。高村光太郎と智恵子の歩みを詩の朗読をまじえて解説します。

●メールアドレスを入力して「確定」を押してください。
●携帯電話のメールアドレスにはとどきません。パソコンのみの対応です。
●すべて無料で、不要な場合はいつでも配信停止できます。当メール講座配信以外にメールアドレスを使うことはありません。第三者に開示することはありません。





忍者ブログ [PR]
Copyright(C) 高村光太郎 朗読 All Rights Reserved
QLOOKアクセス解析