忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

無料解説音声「高村光太郎と智恵子」

全10回の無料解説音声です。高村光太郎と智恵子の歩みを詩の朗読をまじえて解説します。

●メールアドレスを入力して「確定」を押してください。
●携帯電話のメールアドレスにはとどきません。パソコンのみの対応です。
●メールマガジンの読者サービスとして無料公開するものです。後日メールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」をお送りさせていただきます。すべて無料でいつでもこちらから解除できます。
●当メール講座とメルマガ配信以外にメールアドレスを使うことはありません。第三者に開示することはありません。





高村光太郎『ちよんまげ』朗読mp3
ドコモ・Sバンク→12
無料解説音声「高村光太郎と智恵子」

全10回の無料解説音声です。高村光太郎と智恵子の歩みを詩の朗読をまじえて解説します。

●メールアドレスを入力して「確定」を押してください。
●携帯電話のメールアドレスにはとどきません。パソコンのみの対応です。
●メールマガジンの読者サービスとして無料公開するものです。後日メールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」をお送りさせていただきます。すべて無料でいつでもこちらから解除できます。
●当メール講座とメルマガ配信以外にメールアドレスを使うことはありません。第三者に開示することはありません。





おぢいさんはちよんまげを切つた。
--旧弊々々と二言目にはいやがるが、
まげまで切りたかあねえんだ、ほんたあ。
床屋の勝の野郎がいふのを聞きやあ、
文明開化のざんぎりになつてしまへと、
禁廷さまがおつしやるんだ。
官員ややまはりなんぞに
何をいはれたつてびくともしねえが、
禁廷さまがおつしやるんだと聞いちやあ、
おれもかぶとをぬいだ。
公方さまは番頭で、
禁廷さまは日本の総元締だ。
そのお声がかりだとすりや、なあ。
いめえましいから、
勝の野郎が大事さうに切つたまげなんぞ
おつぽり出してけえつてきた。--


(注)
禁廷さま…天皇陛下のこと。
官員…明治時代の役人。

高村光太郎の祖父がちょんまげを切った時の様子です。

明治4年8月9日、明治政府は散髪脱刀令(いわゆる「断髪令」)を発します。 近代化の一環ということでしたが、「髷をおとして散髪せよ」という強制ではなく、 あくまで「これまで身分によって細かく決められていた髪型を自由にする」ということでした。

だから文明開化後も髷をしてした人はいました。

ただ明治6年に明治天皇が散髪されたので、このように天皇が絶対の時代ですから 「俺も…」と従った人も多かったのでしょう。

江戸っ子の威勢のいい感じが出るよう朗読しました。

PR
無料解説音声「高村光太郎と智恵子」

全10回の無料解説音声です。高村光太郎と智恵子の歩みを詩の朗読をまじえて解説します。

●メールアドレスを入力して「確定」を押してください。
●携帯電話のメールアドレスにはとどきません。パソコンのみの対応です。
●すべて無料で、不要な場合はいつでも配信停止できます。当メール講座配信以外にメールアドレスを使うことはありません。第三者に開示することはありません。





忍者ブログ [PR]
Copyright(C) 高村光太郎 朗読 All Rights Reserved
QLOOKアクセス解析